ファラオラリー速報サイト


by tanayama2006

カイロより



a0092255_23575526.jpg
レースは終了し、ホテルはのんびりとした空気に包まれています。。

レース結果は既報のとおり、日本人選手は三ヶ尻選手が手堅く完走。その他日本人は全員楽しく負傷しています。
鎖骨を折って一足先に帰ったひと、アバラを折って苦しそうに笑うひと、股関節を痛めて車椅子のひと、ギックリ腰で何かと掛け声が多いひと、全滅ですね。

励ましのメールをいただきありがとうございました。今年もまた期待に応えることができませんでしたが、沢山の貴重な体験をし、詳細はまたどこかでお会いした時にでも・・・。

a0092255_23592894.jpg

一日目。一日目にしてはボリュームのあるデューンにみごと飲み込まれ、結局脱出までに2時間以上を要してしまいました。

a0092255_031336.jpg

近くでは4輪も何台か埋まってます。

その後は延々と続く石と砂のハードな路面、全身疲れ果てた最後の最後に巨大ヒルクライムがあるという感じ。
ヒルクライムでは何台ものバイクが屍と化していましたね。僕もそこで振られたマシンを抑えられずにヘッドカバーを割ってしまいました。
a0092255_005990.jpg

手がツリ、足がツリ、やばかったです。マキシマムタイムをオーバーしました。


二日目。一日目の遅れを取り戻そうとしたんでしょうか。下り斜面でいい感じに転倒。エンジンガードが曲がってプラグの碍子を割ってしまいました。
a0092255_052812.jpg


BMWのエンジンにプラグのトラブルがあるとは考えにくく、当然スペアは携帯していません。カミオンバレーを待つしかないというわけです。まさか転倒で壊すとは想定外です。
転倒が9:00頃、カミオンバレーに救出されたのは14:00頃。しかしそれからが拷問でした。
カミオンバレーはMAN製四輪駆動のトラックなのですが、ライダーはマシンと一緒にその荷台に載せられます。
a0092255_065511.jpg

a0092255_072739.jpg

故障車を引き上げながらオンコースを進むカミオンの荷台。振り落とされそうになる揺れと振動。時折視界ゼロになる埃、ビバークに戻ったのは23:30。もうヘトヘトでした。


やっと普通に走れた三日目。ルートの殆どがデューンです。
久しぶりの砂丘群で、走り方を思い出しました。

最後となった四日目。
ブレイクデューンでスリップダウンしてしまいました。まあ大したことでは無いのですが、耳を澄ますと、四輪の全開のエンジン音が迫ってきています。
砂に埋もれたマシンはコースのど真ん中。上から四輪が降ってくる可能性が高いというわけです。サンチネルで警告を出そうにも砂に埋もれて手が届きません。
慌てて無理な体勢からマシンを動かそうとしたんでしょう。結局四輪は数メータ先を通って行きましたが、ぎっくり腰ですわ。
その後暫く我慢して走ったものの、最後にデューンのてっぺんで止まった時は一人で立ち上がることもできない状態でした。
ドクターヘリに救出され、モルヒネを打ってもらい。

最後の姿
a0092255_09496.jpg


ヘリから見た砂丘。ライン取りの勉強になりました。
a0092255_0102870.jpg


マシンもヘリで。プロペラマークのBMWは空に似合います。
a0092255_0115772.jpg


今年はビバークやSSスタートにレッドブルガールが出没。
a0092255_0134433.jpg


あ、そうそう。ファラオラーメンは「ファラオ小川軒」に引き継ぎました。麺のゆで加減はもう少し修行が必要ですが、スープはいい味だしてます。
a0092255_0174811.jpg


つらそうに笑うひと。
a0092255_0192550.jpg

これ、アフリカツインなんです。
a0092255_0254781.jpg

4輪も大変ですね。
a0092255_0263986.jpg


というわけで、楽しかった2008ファラオラリーもそろそろおしまいです。
これからプールサイドで行われる表彰式&パーティーに行ってきます。
[PR]
# by tanayama2006 | 2008-10-13 00:28

5日目・最後の勇姿

フォトサービスからTさん画像が届いたので掲載。

日本人各選手およびTさんの状況はリンク先の浜口さんの報告(今回キャンプ内の無線LANは使用不可。ケータイも繋がらず。浜口さんは衛星経由です)が詳しいですが、腰痛に耐えながらも「シーワの休日」をエンジョイしているようです。

もっとも昼間どこかに出かけられるのはループとなったこの日だけで、しかも他はどこにも街なんてありませんから、残りの日々はただただ移動を耐えるのみと思います。戻りのシーワ〜シトラのアシスタンスルートも、日本の砂浜なんて目じゃないくらい砂に埋もれているんですよ。自走するといってますが、どうするつもりなんでしょうか・・・

a0092255_1113762.jpg
a0092255_11131758.jpg

[PR]
# by tanayama2006 | 2008-10-10 11:13
たったいま、シーワのTさんから電話連絡がありました。

砂丘で腰を痛めてしまい、それでも無理して走っていたが、
とうとう立つことすらできなくなってしまい、ヘリにピックアップされた、とのこと。

昨日の古宅さんがデューンで突っ込まれた事件を受けて、急いで起こそうとしたら痛めてしまったとか。それに「去年、一昨年とここまで来ていないからシーワの砂丘はきつい」と残念そうに語っていました・・・。

それでも「ヘリから見る砂漠は最高だね!」と、努めて明るく振る舞おうとするTさん。
帰国したら、みんなで励ましてあげてください。


a0092255_1521470.jpg
a0092255_15211422.jpg


写真も届きました。ここは去年も通ったサミットかな〜。
CP直前がディープサンド山の登り&下りで、けっこう堪えます。
[PR]
# by tanayama2006 | 2008-10-08 22:25

4日目・途中経過

ラリーがスタートするのは、日本時間でちょうどランチから戻ってきた頃。
そんなわけで、午後はやっぱり仕事が手につきません。
5分置きくらいにイリトラックからのデータがアップされるようなので、
リロードしてはTさんが先に進んでいるのを見て胸をなで下ろしています。

・・・と思ったら、先ほどから動かないのですが・・・どうしたんでしょう?
今日のステージは大砂丘地帯シーワへのアプローチルート。
当然砂だらけなんですが、直前の61km/hという平均時速から察するに、
高速移動区間なのでハマるようなところではないと思うのですが。

a0092255_20261733.jpg


それにしてもトップ集団は、お昼ぐらいにはゴールしています。速すぎ。
そのころTさんはまだ中間地点(給油ポイント)にすら着いていないのです。
[PR]
# by tanayama2006 | 2008-10-08 20:26

3日目・順調そう

もうしばらくしたらTさんから連絡あると思いますが、
とりいそぎ写真のアップを。
3日目も元気に走り切ったようです。

リンク先の浜口さんの報告によると、古宅さんが受難の模様。


a0092255_1151868.jpg
a0092255_1152956.jpg

[PR]
# by tanayama2006 | 2008-10-08 11:05
フォトサービスから写真は届いているのですが、Tさんから連絡はなし。リザルトを見ても日本人の多くがまだ到着していないようです・・・。

(12:50修正)

Tさんより連絡がありました。
----------------------------------
昨日は転倒でプラグのガイシを割ってしまいました。ありえないトラブルですよ。スペアを携帯してるはずもなく、カミオンバレーをまって深夜に戻りました。

整備も完了し、今日も走ります。
-----------------------------------

で〜、マジですか。そんなことが起こるんだ・・・。たいへんだなーと思いつつ、つい笑ってしまいました。スペアも持っていないんだw

他、日本人選手の状況。
古宅さんは絶好調、三ヶ尻さんは転倒負傷(競技継続)、岩井さんは骨折カイロ送り、4輪浜口さんも問題ないようです。


a0092255_1072331.jpg
a0092255_1074753.jpg
a0092255_1075948.jpg

[PR]
# by tanayama2006 | 2008-10-07 10:08

初日のTさん 大苦戦

速報。初日終了。デューンでやられて、おまけにヘッドカバーまで割ったそうです。

(23:20追記)
Tさんからのメールです。
----------------------------
250キロ付近のデューンでやられました。
初日のハードさでは3年前を超えてる感じかなぁ
リタイヤ多数なのでは?

ヘッドカバーも割って心が折れそうになりましたよ

とりあえず、明日も走ります。
-----------------------------

Yもいいかげん衛星写真を見ると、だいたいの路面がわかってしまうのですが
今年は辛そうです。でもほんとに辛いのは例年2日目なんでどうなることやら・・・

がんばれ!





※今年は衛星が使えないため、日本のYが電話とメールで聞いた状況をお知らせします。きょうは出張中のため、夜に詳しいテキストと写真をアップします。
a0092255_23433416.jpg
a0092255_23435325.jpg

[PR]
# by tanayama2006 | 2008-10-06 11:03

ルート発表

今年のルートが発表になりました。
a0092255_995612.jpg


600キロの2日目は、どうやら200キロ程度のリエゾン(競技ではない移動区間)を含んでいるようです。

今までリエゾンはほとんど無かったことを考えると、どうしてもその場所を走らせたい「何か」があるのでしょうか?


参考までに昨年のルートです。
a0092255_924319.jpg


プレスリリースにはこんな記載が。
(3日目の話)

The stage will alternate fast rounds to “mountains” of sand, really difficult to surpass, where the journey requires the maximum attention from all the participants.

読んだだけでドキドキですが、これもレース前ならではの楽しみです。
悪い夢を見るのも・・・・。(T)


 
[PR]
# by tanayama2006 | 2008-09-05 07:00

2008 シッピング完了!

今年も懲りずに行きます!
昨年の反省からスペアホイルも積み込みました。もう大丈夫でしょうか?

a0092255_1813659.jpg

a0092255_18134087.jpg

a0092255_181423100.jpg

a0092255_18413984.jpg
a0092255_18421847.jpg
a0092255_18442323.jpg


主催者のサイトで今年のSTAGE概略が発表されています。

05/10 - Cairo-Baharija - Km 390
06/10 - Baharija-Baharija - Km 600
07/10 - Baharija-Sitra - Km 390
08/10 - Sitra-Siwa - Km 380
09/10 - Siwa-Siwa - Km 390
10/10 - Siwa-Baharija - Km 420
11/10 - Baharija-Cairo - Km 410

体力的に一番キツイ2日目、Baharijaビバークから600キロのループ?600キロ???

あの辺りは結構タフな路面じゃなかったっけ?
とりあえず、ビリーズブートキャンプにでも入隊した方がいいかもしれません。>参加選手各位
(T)
[PR]
# by tanayama2006 | 2008-08-13 18:30

そろそろ2008

a0092255_12154362.jpg

▲こんなところに去年いたなんて、なんだか信じられない・・・@シーワ
 ちなみにこの写真は、主催者から後日ポスターサイズに引き延ばされて届きました。

JRMさんから参加者メーリングリスト第一報が到着。今年もファラオラリーのシーズンがやってきました。8月のシッピング、毎月のように請求される高額の振り込み、各種届け出などなど、9月末の出発までイベントは盛りだくさん。忙しい日々が続きます。

とはいっても、今年Yは参加できないので、エントラント各位の活躍と健闘を祈るのみ。現在のところ日本からは、2輪4台/4輪1台と、昨年の半数がエントリーを済ませています。もちろん唯一のボクサーツイン・ライダーのTさんもエントラントリストに名を連ねています。経過はこちらで報告してくれると思うので、続報に期待しましょう(Y)
[PR]
# by tanayama2006 | 2008-05-26 12:28